平和アート展 平和の旅はじまる

 
2012年、ハーモニー・フォー・ピース財団は国際連合と共、核軍縮をテーマに、「アート・フォー・ピース2012」を共催致しました。当コンテストは「核のない世界」について、より多くの方々に考えて頂くため、特に若い世代に呼び掛け、最終的には世界中の92カ国の6,600人超の方々よりのエントリーを受けることが出来ました。

優勝作品 - "Someday" 庄司 はるか作
出身国、宗教、文化というバックグランドに関わらず、核の無い平和な世界は国境を越えた人類の望みであり、受賞作品12作からは世界中が平和を切望しているということを感じ取る事が出来ます。

 

平和アート展のワールドツアーは、日本でも開催

410日開催の第二回国際平和コンサートの会場の東京芸術劇場にて展示されました。
次回は広島で開催です。ご期待下さい! 
 


 作品は2014年9月15日から18日にかけてのペンシルバニア州会議事堂(ハリスバーグ市)を会場にし、初めてこの「平和アート、世界を旅する」が展示されました。
 ハリスバーグ展示会(2014年9月15日~18日)
  

ニューヨーク国際連合本部に核兵器廃絶国際デーを記念して一ヶ月程ロビーにて展示されました。
ニューヨーク国際連合本部(2014年9月22日)
 

 2015年12月、国際会議の開始を記念して、オーストリア、ウィーンにて展示されました。

 

 

 

この平和のメッセージを広く世界中へ広げるために、平和アート展は、これからも世界の各地へ参ります。多くの地を訪れ、展示が出来るよう皆さんもどうぞご支援下さい。

Donate Now