ゲストアーティスト

Signature Image: 

 

 

 

 

 

 

ユー・チェン・マー、 バイオリン

Photo Credit: Kathy Kmonicek
 
 
 
 

 

ユー・チェン・マー博士はラーク・カルテット、ハイェ・ニーそしてヨーヨー・マー(ともにチェリスト)、ステファニー・チェイス(ヴィオリニスト)と共に、Alice Tully and Merkin Hall子供楽団、国連本部、92nd Street Y、マンハッタンの聖ヨハネ大聖堂、ニューヨーク・ブロンクスのWave Hillなどで室内音楽を演奏し、ヨーロッパ、アジア、そしてアメリカを駆けまわる。

 

ラドクリフ高等大学院・ハーバード医科大学院を卒業後、彼女はブロンクスにあるアルバート・アインシュタイン医科大学ケネディ・センターにて発達障害児を治療し、Children Orchestra Societyにてヴァイオリン、ヴィオラ、室内音楽を教え、海外においても音楽と癒やしについて説いている。

中国人の両親のもとフランス・パリに生まれ、7歳の時に初めて公の場で演奏した。弟のヨーヨー・マーとは10数年に渡り、ともに演奏している。フランスのRoyaunme de la Musique大会で優勝、デンバー交響楽団とともに10歳でメンデルスゾーンのコンチェルトを演奏。

Children's Orchestra Societyの理事長としての活躍により、聖ヨセフ大学より人文学名誉博士号など、様々な賞を授与される。